車種や記録をチェックする

同じ車種でもグレードによって値段が変わる

中古車を買う前は、こんな車に乗りたいなど憧れの車種を決めている人もいるでしょう。しかし、同じ年式で同じ車種の中古車を選んでも、グレードによって値段が違ってきます。排出量が高かったり、外装に高いパーツが使用されていたり、内装が豪華であったりする中古車はグレードが高く、値段も高くなる傾向があります。そのため、特にこだわりがなく安さを重視する場合は、グレードが低いタイプの車を選ぶのがおすすめです。ただし、山道や雪道を走行することが多い、外観にこだわりがあるなどの場合は、目的に合ったグレードの車を選ぶのが賢明です。どのような目的で運転するのかをディーラーに伝えれば、目的に合った車を選んでくれるでしょう。

記録簿で車の経歴をチェック

中古車には記録簿があり、それまでの修理の履歴を知ることができます。どの工場でどのパーツが交換されたのかもわかり、大きな事故を起こしたことがある車か確認できます。また、点検履歴が残っていることで、きちんと点検を受けていた車だと知ることも可能です。できれば、一般の整備工場ではなく認定工場で整備されている車がおすすめです。そして、中には記録簿のない中古車もあるので注意しましょう。記録簿がないことで考えられるのは、大きな事故やメーターの操作を隠すためにわざと破棄したことです。記録簿なしの車を扱っている中古車ディーラー自体が信用できません。記録簿がなくても問題のない車もありますが、購入は控えるのが無難でしょう。